平成8年4月12日、三味線の音色を「愛」し
浪曲師の相方「相三味線」を意識して
浪曲のよきパートナーを目指して誕生した
インターネットで浪花節尽くし、浪曲三昧

誰が付けたか知らねぇが
粋でイナセで情がある
呼べば「あいよ」の
「あいじゃみせん」
たぁ洒落てるぜ


私たち日本人の気質である
「心意気」
「義理と人情そして任侠」
「女心や男伊達」
そんな人生の機微を
涙し、時には笑いを通して
見事に伝える浪花節
関東や関西の、はたまた中京の
あの顔あの声あの節を
インタ−ネットの浪(波)に乗せ
今、世界に!

町内会の盆踊り大会の役員が回ってきた。だいたい3年に一回ぐらい回ってくる。
わが町も若者が巣立ち、高齢化しているが、数少ない若者が率先して指揮を取り、夜店や踊りの段取りを進めてくれている。嬉しい。
何と今年は三味線の生演奏や生バンドでの楽団演奏、ダンスなども企画されているそうで、賑やかになりそうだ。提灯やうちわ、扇子などを手作りして出品するのも面白い。


無料でSEO